葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

はじめに

葬儀費用はその内容によって大きな隔たりが出てきます。またそう頻繁に利用するものでもないのでなかなか費用感がつかみづらい所もあります。 こちらでは葬儀費用の目安を紹介し、予算の確保にあわてないようにするためのノウハウをご紹介します。

そもそも葬儀費用の内訳は 葬儀費用の内訳は3つに大別されます。

  • 葬儀一式費用
  • 寺院費用
  • 接待飲食費用

葬儀社が事前に示す見積書は、通常は「葬儀本体(葬儀一式)費用」のみですので、この点はしっかりと認識しておきましょう。 葬儀社にすべて任すつもりでいて、意外に見積もりが安くて助かった、と思ったらあとで寺院費用と飲食費がプラスされた請求が来てビックリ!という方も多いからです。

葬儀費用の総額比較

葬儀費用(総額)は2011年時点で、約200万円。これが全国平均です。 ちなみに葬儀一式の平均額は126万円 寺院費用は51万円、飲食接待費用が45万円です。 おそらく多くの方が「高い」という印象を抱いていると思います。 それもそのはず、これはあくまで平均額で、かつ少ない人数での調査です。なので極端に葬式にかけた費用が高かった人が、たった数人いただけで平均額は上昇します。 平均値のカラクリですね。 いずれにせよ一旦これらの費用をベースに、予算を組み立てておきましょう。

葬儀費用を抑えたいけれど 相見積を出し、一番安い見積もりを出した業者に依頼するのが近道のように思えますが、あまりオススメできません。 安い見積もりを出した業者にしても、内容が良くなければ満足のいく葬儀とはなりませんし、親族や友人などに良い印象が残りません。 また葬儀社のパンフレットやホームページにに記載されている「基本プラン」や「セット料金」などは、葬儀費用の総額ではなく、葬儀一式の金額なので注意しましょう。 飲食接待費も高額になりがちな費用項目です。 事前の人数予測を厳密にして、ギリギリの人数に合わせて料理の手配をすることがポイントです。 最後に寺院費用ですが、こちらでお金がかかるのが戒名です。 仏式の場合、6宗派それぞれに戒名のかかる目安があり、また文字数でも値段が変わってきます。 希望の戒名がある場合は別ですが、院居士・院大姉ともなると100万円以上はくだらないので要確認を。

斎場選びの基礎知識 関連記事

斎場とは?

斎場選びの基礎知識

そもそも斎場とは何をするところ?
斎場とは葬儀場やセレモニーホールなど、通夜や告別式を含めた葬式が行える施設のことです。もともと日本では自宅が主な斎場でしたが、現代に入ると特に都市部では自宅以外の斎場で葬式を行うケースがほとんどになっています。斎場選びの基礎知識

斎場の選び方いろいろ

斎場の選び方いろいろ

斎場にはいくつか種類があり、その選び方も様々です。斎場選びはそれぞれの斎場の特徴を把握し、メリット・デメリット両面を考慮して最終的に選び出すのがポイントです。斎場選びの基礎知識

サービスや応対で斎場を選ぶなら

サービスや応対で斎場を選ぶなら

サービスや応対などで斎場を選びたい方は、葬儀社について勉強する必要があります。というのも斎場は葬儀社が所有しておらず、地方公共団体の所有物を借りているケースが多いからです。つまり、斎場で受けられる様々なサービスは、葬儀を依頼した葬儀社が行っている可能性が高いのです。サービスや応対で斎場を選ぶなら

斎場選びから予約までの流れ

斎場選びから予約までの流れ

急な対応になることが多い葬儀は、何かと慌ただしく、準備に十分な時間を割けません。ですので斎場選びから予約まで、あらかじめある程度把握しておくことも大切。斎場選びから予約までの流れ

葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀費用はその内容によって大きな隔たりが出てきます。またそう頻繁に利用するものでもないのでなかなか費用感がつかみづらい所もあります。葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀の「生前予約」とは?

葬儀の「生前予約」とは?

生前予約は自分自身が、自分の葬儀について、その予算、内容、埋葬場所、費用などを葬儀会社などと事前に相談し、予約しておくことです。葬儀の「生前予約」とは?

最新の葬儀事情を紹介

最新の葬儀事情を紹介

最近はいい意味でも悪い意味でも、昔ながらの葬儀を知らない、あるいは選ばない方が増えています。若い世代の宗教離れもその原因の一つです。そうした時代の流れに従って、新しい「葬儀サービス」が多数生まれています。最新の葬儀事情を紹介

斎場選びのアンケート情報

斎場選びのアンケート情報

最近の葬儀傾向がわかるアンケート情報について、リサーチを行いました。その結果、葬儀に対する人々の考え方があぶりだされ、現代社会における葬儀のカタチが見えてきています。斎場選びのアンケート情報

種類別/斎場のメリット・デメリット

種類別/斎場のメリット・デメリット

斎場の種類によって提供するサービスや特徴が異なってきます。そのため利用する人々にとっては、メリット・デメリットが必ずでてきます。種類別/斎場のメリット・デメリット

寺院・神社・教会を斎場として利用する場合

寺院・神社・教会を斎場として利用する場合

寺院、神社、教会を斎場として利用する場合、葬儀はどのようになるのでしょうか。そもそも葬儀の会場として利用できるのか、ご紹介していきます。寺院・神社・教会を斎場として利用する場合

自宅を斎場にする場合のメリット・デメリット

自宅を斎場にする場合のメリット・デメリット

自宅を斎場にする場合、どのようなメリットとデメリットが発生するのでしょうか。自宅を斎場にする場合のメリット・デメリット

公的施設を斎場として利用する場合

公的施設を斎場として利用する場合

公的施設、いわゆる公営斎場は地方公共団体が運営するいわば「公的な斎場」です。 運営主体が市区町村となるため、利用する場合は亡くなった方、もしくは喪主がその自治体に在住していることが条件となります。そんな特徴をもつ公営斎場について説明します。公的施設を斎場として利用する場合

ホテルを斎場として利用する場合

ホテルを斎場として利用する場合

多くの弔問客を招いたり、個人の社会的な立場から大きな会場がふさわしい場合、ホテルを斎場として利用を希望される方もいらっしゃると思います。こちらではホテルを利用した葬儀について説明していきます。ホテルを斎場として利用する場合

「火葬/直葬」とは?

「火葬/直葬」とは?

通常の葬儀の一部にある火葬ではなく、火葬のみで通夜、告別式を行わない葬儀の方法を火葬もしくは直葬と言います。葬儀に費用を掛けたくない方、高齢でなくなったために弔問客が少ない場合、宗教への信仰心が親族含め薄れてきており、仏式の葬儀にこだわらない方などが利用する傾向にあります。「火葬/直葬」とは?

「一日葬」とは?わかりやすく解説

「一日葬」とは?わかりやすく解説

「一日葬」とは別名、ワンデーセレモニーとも呼ばれ、葬儀・告別式までにかかる時間を短縮し、1日で葬儀をすべて終わらせる葬儀の種類の一つです。最近増え始めた葬儀で首都圏を中心に若い世代に人気となっています。「一日葬」とは?わかりやすく解説

「家族葬・密葬」の説明とその特徴

「家族葬・密葬」の説明とその特徴

「家族葬・密葬」とは、どちらも家族や親族、親しい友人など身内を中心にした葬儀で、近年増加傾向にあります。「家族葬・密葬」の説明とその特徴

「社葬」とは?わかりやすく解説

「社葬」とは?わかりやすく解説

社葬」とは、亡くなった方が生前所属していた会社が費用を負担し、葬儀の運営にかかわる手間や準備などを軽減してくれる葬儀の一つです。一般的には企業の創業者や重役などが亡くなった時や、社員が殉職した時に行われるケースが多いです。「社葬」とは?わかりやすく解説

仏式葬儀・キリスト教葬儀、神式葬儀の違い

仏式葬儀・キリスト教葬儀、神式葬儀の違い

仏式・キリスト教式、神式など葬儀という儀礼自体の方法や考え方の違いをご紹介します。葬儀は宗教的儀礼の一種で、信仰宗教に基づいて行われるのが一般的です。僧侶なしで行われる新興宗教独自の葬儀もあるなどさまざまです。仏式葬儀・キリスト教葬儀、神式葬儀の違い

「生前葬」の特徴をわかりやすく

「生前葬」の特徴をわかりやすく

「生前葬」は生前自ら喪主となり、葬儀社などに自分の葬儀を手配、もしくは自らプロデューサーとなって自分の好みの葬式を行います。葬儀費用も形式にこだわりが無ければ安く済ませられるなどなどメリットが多い反面、家族や参列する方への配慮が必要です。「生前葬」の特徴をわかりやすく

「自然葬」の特徴をわかりやすく

「自然葬」の特徴をわかりやすく

「自然葬」は自然葬では自然循環の中への肉体の回帰という発想で、故人の意思に基づき遺体を埋葬する方法です。具体的には骨を土に埋めたり、海に散骨したりなど自然に返す形をとります。墓石など、人工物を利用せずに亡くなった方を葬る葬儀の形をひっくるめて自然葬と呼ぶことが多いです。「自然葬」の特徴をわかりやすく

人気記事

1位.お布施について

お布施について

お布施とは お布施とは本来は、お寺の仏様に金品などを用いて捧げるものといわれています。 昨今ではお坊さんを呼んだ時の手間賃、又はサービス料というイメージをされる方が多いです。お布施について

2位.最新の葬儀事情を紹介

最新の葬儀事情を紹介

最近はいい意味でも悪い意味でも、昔ながらの葬儀を知らない、あるいは選ばない方が増えています。若い世代の宗教離れもその原因の一つです。そうした時代の流れに従って、新しい「葬儀サービス」が多数生まれています。最新の葬儀事情を紹介

3位.葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀費用はその内容によって大きな隔たりが出てきます。またそう頻繁に利用するものでもないのでなかなか費用感がつかみづらい所もあります。葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

4位.「火葬/直葬」とは?

「火葬/直葬」とは?

通常の葬儀の一部にある火葬ではなく、火葬のみで通夜、告別式を行わない葬儀の方法を火葬もしくは直葬と言います。葬儀に費用を掛けたくない方、高齢でなくなったために弔問客が少ない場合、宗教への信仰心が親族含め薄れてきており、仏式の葬儀にこだわらない方などが利用する傾向にあります。「火葬/直葬」とは?

5位.種類別/斎場のメリット・デメリット

種類別/斎場のメリット・デメリット

斎場の種類によって提供するサービスや特徴が異なってきます。そのため利用する人々にとっては、メリット・デメリットが必ずでてきます。種類別/斎場のメリット・デメリット

3つのご葬儀